病院指標

病院指標とは?

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づき病院指標を医療機関自らが作成し、市民向けに情報公開を進めるものです。
単に数値を示すことが目的ではなく、その数値の意味、自院の診療実績等の解説をしています。

病院指標の主な定義

  • データの期間は1年間とするが、改正年度を挟まない。
  • 1年間に退院した患者を対象とする。
  • 集計には保険のみ(公費、生活保護を含む)を使用した患者を対象とする。
  • 自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者は含めない。
  • 一般病棟に入院した患者(出来高算定患者を含む)を対象とし、一般病棟に一度も入院しなかった患者は含めない。
  • 集計項目の結果を「病院指標の公表」として公開するにあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しています。
平成27年度病院指標
(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

医療用語解説

  • DPC
    DPCとは「Diagnosis(診断) Procedure(治療・処置) Combination(組み合わせ)」の略称で、病名と診療行為の組み合わせによって分類されます(診断群分類)。
    診断群分類は数字と"x"を組み合わせた14桁コードで分類されており、それぞれのコードに1日毎の入院費が決められています。
    DPC対象病院では、入院費の他に手術などの出来高項目の費用を合計した金額を請求させていただいております。
  • DPC様式1
    1日でも医療保険で入院料を算定した患者に作成される、カルテからの匿名化情報です。 生年月日、性別、入退院日、病名など入院から退院までの主な患者情報が記載されています。
  • ICD-10
    ICDとは、世界保健機関(WHO)が作成した世界共通の疾病分類で、死因や疾病などに関する情報の国際的な比較等に活用されます。 現在使用されているコードは第10版の為、ICD-10と呼ばれています。
  • MDC
    「Major Diagnostic Category」の略称で、主要診断群といいます。DPCコードの上2桁又は上6桁で分類されることがあり、桁が多くなるほどより細かい診断群分類となります。
  • UICC
    世界的な広がりを持つ民間の対がん組織連合の略称です。
  • TNM分類
    がんの進行度を判定する基準として、UICC採用のがんの分類方法です。
    部位ごとに各種の検査結果から 原発腫瘍の拡がりを「T」、所属リンパ節転移の有無と拡がりを「N」、遠隔転移の有無を「M」として区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。