リハビリテーション室のご紹介

ごあいさつ


現在、当たり前のように使われている『リハビリ』という言葉ですが、30年前は多くの人がその言葉すら知らない状況でした。「医療とは正常ではない部分の治療」という考えが主流であったため、治療後の生活については何の働きかけも行われず結局在宅での寝たきり生活を強いられる状況でした。しかし、近年医療の発達とともに、それまでの治療医療ばかりでなく、予防医学、リハビリテーション医学が、重要な医療分野であると認識されるようになりました。特に、超高齢化社会となる我が国においては、リハビリテーションの役割は非常に大きいものとなります。
 市立恵那病院では単なる病気や怪我の「機能回復」から、社会や家庭への復帰を目指すことで、一人の人間として障害があろうとも人間らしく生きる事が出来るようにする、「生活の質の向上」を目的としたリハビリを提供できるよう日々取り組んでおります。